キャッシングの申し込みは冷静に

キャッシングというのは現金が足りない時にとても便利です。夜や早朝であれば、銀行やコンビニのATMでお金をおろすよりもお得になることがあるので、そうしたことを知れば、まだ使う機会はなくてもキャッシングに興味を持つような人もいるでしょう。

プロミス自動契約機

ですが、キャッシングはお得で便利なもの、という意識を持ってしまうと、そんなにお金に困っていない状況でも気軽に借りてしまう癖がついてしまうことがあります。絶対に必要でないものをキャッシングで購入してしまったり、まだ何とかなるのにキャッシングで用を足してしまうこともあるので、キャッシングの申し込みをするような時はいったん冷静になって、いつ使うかを考えて申し込みをするようにもしましょう。

キャッシングを受ける際の本人確認書類について

急な出費でキャッシングを受けたいのだけれど何を用意すればいいのか分からない、という方も多いのでないでしょうか。

基本的にどこのカードローン会社でも本人確認書類が必要とされています。

お金を貸すわけですから、身分の分からない人となると信用度もぐっと落ちてしまいますよね。

ですので、キャッシングを受ける際は必ず本人確認書類を用意するようにしましょう。

プロミスならお金ない主婦がすぐに借りれる※バレずにスマホで借りる方法

ちなみに本人確認書類は運転免許証やパスポートなど顔写真があるものが提出書類として認められている場合が多いです。

最近だとマイナンバーカードも認められています。

このように、キャッシングを受ける際は顔写真付きの本人確認書を用意するのが必須と言えます。

どうしてもこれらの書類が用意できなかったら、他に何が使えるか会社に問い合わせてみるといいでしょう。

中小消費者金融で契約時に根掘り葉掘り聞かれるのは何故?

銀行や大手消費者金融のキャッシング契約では、所定のフォームに情報を入力するだけとなり、基本的には細かい情報まで聞かれることがありません。しかし、中小消費者金融の場合、対面での審査や契約となると細かい情報を根掘り葉掘り聞かれることがあります。

その結果、個人情報を細かく聞かれ、不安に思ってしまうこともあります。お金がないならプロミスで今すぐ借りる!

しかし、中小消費者金融は銀行や大手消費者金融に比べると資本力は非常に少なく、貸倒となった場合の損害は大きくなってしまいます。

そのため、顧客情報を細かく確認し、融資リスクの大小を判断しています。基本的には独自基準となり、大手では借り入れし難い職業属性の方でも収入面が安定し、生活状況も安定していれば少額でも融資が受けられることもあります。

その逆としていくら収入が高くても浪費癖のある人はヒアリングから分かることもあり、融資を断られることもあります。中小消費者金融は銀行や大手よりも実質的には顧客情報を確認し、その情報から信用を判断します。