髪の毛のうねりやくせで悩んでいます

私は40代を過ぎた頃から、髪質が変化してきて、くせやうねりが強くなりました。雨の日はぱさついたり、広がったりするので、スタイリングがしにくいです。定期的に美容室に通っているので、担当の美容師にアドバイスをしてもらいました。

髪の毛の水分量が不足すると、くせやうねりが強くなると言われました。外出をする時や、ドライヤーを使用する前には必ず洗い流さないトリートメントを使用しています。口コミで評価の高い商品を選ぶと、べたつきなどがなく、髪の毛がしっとりします。

頭皮や髪の毛の乾燥を防ぐために、洗浄力が強すぎないアミノ酸系シャンプーを使うことにしました。洗浄力が強すぎないのに、頭皮の汚れが落とせるのが気に入っています。シャンプー後はコンディショナーを使用したり、3日に一回くらいはトリートメントをしています。

毎日お手入れを続けていると、髪の毛の状態が良くなってきて、スタイリングがしやすくなりました。外出をする前はストレートアイロンを使用しています。私は髪の毛が細いので、髪の毛のダメージが気になるため、縮毛矯正の施術は受けていません。普段はドライヤーを使う時間を短縮したいので、ウェーブを生かしたヘアスタイルにしています。

うねり髪をストレートに!

学生の頃の私の唯一の悩み…それは髪が常にうねっていることでした。

元々癖毛で髪が爆発、雨の日にはそれはもう手が付けられないほどでした。

高校生になってから自分のうねり髪が気になるようになり、毎朝髪を濡らしてドライヤーをあててみたり、髪を結んでみたり…

しかし時間がすごくかかるので、その作業は朝が弱い私にとってはとても面倒くさいものでした。

ある日友人がストレートパーマをかけてきました。なんてツヤツヤ!!

翌週、私も彼女の真似をして、美容院にかけこみ、人生初のストレートパーマをかけました。

初めて触る自分のなめらかな髪。何もしなくてもストンときれいに落ちる髪。

それはそれは感動でした。

朝何もしなくてもサラサラツヤツヤの髪。

自分にだいぶ自信がついたような気持ちになりました。

それからは定期的にストレートパーマをかけて、サラサラツヤツヤをキープしていました。

ところがこれにもデメリットが。

ストレートパーマは値段が高いのです。そしてだんだん傷んでくる髪。

もはや自分の素の髪の質を向上させるほうがいいのではないか…

そう考えた私は美容師さんに相談し、シャンプー、コンディショナーを一新、トリートメントをきちんと使うようになりました。

これが効果抜群。

もう何年もストレートパーマをかけていませんが、自然なストレートヘアでまとまるようになりました。

学生の頃からこれに気付いていればよかったと今になって思います。

優性遺伝という縮毛強制が必要なうねり

日本人やアジア人の髪の毛と聞いて、ヨーロッパ圏の人が想像するのは黒髪ストレートがほとんどだと思います。

私が留学していたイギリスで出会った彼も「アジア人は綺麗な黒髪」という固定観念があり、私の髪の毛が縮毛強制をかけないとうねりもひどく、一本一本がまるで安物の袋ラーメンのようにうねっていると信じられなかったそうです。

人間のDNAには「優性遺伝」「劣勢遺伝」というシステムが組み込まれていて、黒髪ストレートというのは私のような縮毛よりも劣勢遺伝であると言うことが証明されているのですが、「優性遺伝」であるはずのこの髪の毛は「優性」の割にひどく醜く、扱いづらいという側面を持っています。

縮毛強制という技術は日本や黒人が多いアメリカの地域で盛んに行われています。資生堂が出しているの縮毛強制の薬もブランドとして定着しています。

もし縮毛強制の技術をもった女性の美容師さん(イスラム教の女性の髪は癖が強い人が多く、宗教ゆえに男性の前で被り物を取れない&女性にしか髪の毛を触らせてはいけない。)が中東などで仕事をしたい、ということであれば、かなりお金になるのになぁと、帰国のたびに縮毛強制を受けながら思うばかりです。

ようやく髪をカットしてきたがうねりが強くなった

緊急事態宣言が解除になり早速髪の毛を切りに行ってきたのですが、パーマをかけていないにも関わらずうねりが出てきてブローをしてもなかなか真っ直ぐにならないという新たな悩みが出てきたのです。

これは髪の毛自体が傷んでいるという証拠なのかという感じもするのですが、それにしてもブローで真っ直ぐにならないとなるともともとの癖があるのかそれとも髪質が変化したのかという感じにもなります。

そうなるとストレートパーマやストレートアイロンという選択肢になるのかなと思うのですが、ストレートアイロンということになるだろうなと思います。

過去にストレートアイロンを買ったのでそれを引っ張り出してスタイリングをすることになるだろうなと思います。

あとは髪をまとめる長さにしているのでまとめ髪もありかなと思っているので、いかに簡単にきれいにまとめることができるかということもやっていく必要があります。

いずれにしても中途半端な長さにしているので覚悟をしていましたが、しばらくはスタイリングで苦労するだろうと思うのでそれを乗り切るということにしていこうと思っています。

その間に髪質を改善することも必要なのでヘアケアもしっかりとしていこうと思います。