母の言葉から学んだこと

学生時代、日焼け止めも塗らず外で遊びまくっていた私に母は「そんな事してると後悔するよ」とチクチク。

その時は何も考えていなかったし、何より日焼け止め1つ塗るだけの行為がとにかく面倒くさくてお小言をスルー。
そして20代後半、フッと気付けば鏡に映る自分の顔に黒いクスミらしきものが。正直こんなに早くシミが出来るなんて自分で思っていなかったので当時かなりの衝撃を受けてしまった。

http://www.legivre.org/

慌ててスキンケアについて調べてみればお肌にとってマイナスなことしかしていなかった事に気付く。
帰省のため実家に行った時にはもちろん母に目敏く見つけられてしまい「だから言ったでしょ」と言わんばかりのドヤ顔をされてしまった。こればっかりは流石に何も言い返せなかった。

あまり興味のなかった化粧品について調べて色々試してみたり、エステにも通い始めたのも丁度20代後半の頃だった。エステに行ってみて思ったのが意外と若い子が多いこと。若者意識高ッ!!とここでも衝撃を受けた。
エステはしばらく通って自分には合わず辞めてしまったが、日常的に常備して使えるスキンケア商品やちょっとご褒美に買う化粧水など自分なりに地味に研究中である。

良い物があると母にもちょっとお裾分けしている。
相変わらず季節や体調によっても合っていた化粧水が合わなくなったりお肌の悩みは尽きない。
現在は妊娠中でやや安定していたお肌も最近になって肌トラブルがちょこちょこ出てきたように思う。また新しい研究のはじまりである。

若者の肌ツヤには程遠く、それなりに頑張っていても年々お肌が霞んできたように感じる。悩みは尽きないが日焼け止めが習慣化したようにこの地味な努力を続けていくしかないなぁと様々と感じる30代である。