一時休戦中…私の胸は誇らしい

健康的でハリと弾力のあるバスト。
そして重力に逆らった綺麗なお椀型…
一度は憧れる人も多いだろう。10代のころの私も憧れたものだ。牛乳がいいと言えば飲み、定期的に流行る豊胸ストレッチなるものも、もれなく試した。結果は現状維持…いや、むしろ重力に忠実に従っている。

悪評ばっか?モテアンジュの悪い口コミや評判を徹底検証!効果なしで効かない?

私の胸は左右に離れたタイプの胸だ。下着をつけると前を向いてくれるが、当然外すとあっち向いてホイ。左右で何か揉めたのかと思うほどだ。
下着をつけて服を着ているとわからないので、周りにこの悩みは伝わらない。ただ自分が身体を見るたびに何となくガッカリするので、ネガティブな思いは常に頭にあった。

少し前に妊娠がわかった。妊娠すると嘘のように胸が大きくなるよ、と友達から聞いていた。確かに週数が進むにつれ、胸はどんどん膨らみずっしりと重たくなってきた。
更に驚くことに、私の離れた胸が中央に寄ってきたのだ。あんなにそっぽを向いていた右と左が同じ方向を見ている。それが妊娠で表れるなんて、神秘的である。

子供とおっぱいの関係は特別だ。女性にしかできない授乳という行為のために私の胸は結託、一時休戦を誓ったのだろう。まだ授乳のイメージが湧かない私なんて気にもせず、身体は正直に準備をしているのだ。妊娠したのだと実感させられる。

若い頃は凛とした胸がかっこいいと思った。服を着た時の見栄えがよかったし、男性の目も気にしていたのかもしれない。ビキニだってもっと着たかった。
しかし30代後半の今、離れていた私の胸が誇らしい。最優先事項を理解してくれる胸なのだ。出産後、授乳ができたとしても、できなかったとしても、今の私の胸は文字通り前向きに挑んでいる。そしてまた、時間が経つと見慣れた胸に戻るのだろう。
その見慣れた胸に、私は今までの思いとは別の感情を抱くはずだ。お疲れ様、ありがとうと。