手と手を合わせる幸福感

好きな人と手をつなぐことってなぜあんなに幸せを感じるのでしょうか。その時の状況やお互いの気分、さまざまな要因が相まって幸福感をもたらしてくれるのだと思います。

バツイチに再婚相手が見つかる婚活!

肌を触れ合わせることでそこから感じるお互いの体温や肌の質感は記憶に残りますよね。それは「好きな人」だから。学生さんの若いカップルが手をつないでいるのも微笑ましいし、または老夫婦が手をつないでゆっくりゆっくり歩いているのも可愛らしい。こちらまで幸せな様子が伝わってくるようです。

私が実際に経験したきゅんとくる手つなぎは数年前。彼と冬の夕方の街を歩いていた時でした。イルミネーションを見に行く約束をしていた私たちは街中で合流しました。

電車から降りて駅を出たら目の前にはイルミネーションの光の道が広がっています。人通りもそこそこある中で、私たちはおしゃべりをしながら並んで歩きだします。途中で人が多くなり道が狭くなったので彼が一歩前に出て歩き出しました。少し経って不意に彼が振り返ります。彼は何も言わずに後ろの私のほうを向いてそして目線を下げて私の手元を見たのがわかりました。そしてまたそのまま前を向き再び歩き出します。

私は「なんだろう」と思って彼のあとをついていっていると、前を向いたままの彼がまた無言で手を伸ばしてきて私の手を握りました。そして少し目線を合わせます。彼の冷たくてすべすべした手のひら。私にはその瞬間がなんとなく心を打たれ今でも記憶に残っています。