ダイエットは体重ではなく体脂肪率!

これは私のダイエット体験談です。
私はストレスで体重が8キロも増えた経験があります。

パエンナキュットは評判通り?購入して使用した口コミ&効果をご紹介!

体型に変化を感じ始めたのは社会人2年目の頃。

私が異変を感じた点です
・ぽっこりお腹
・腰痛
・服を着た時のシルエット
・ズボンが入らない
・疲れやすさ

とにかく面倒くさがりな性格の私は
この危機感に全く見向きもしてませんでした。

考えが変わったのは健康診断。
体重を計ったとき、なんと58キロに。
1年で8キロも太っていたのです。

まずは一般的な食事制限やランニング、筋トレを始めました。
しかし毎日体重を計るもあまり変わらず。
プロテインを飲んだりもしましたがモチベーションが続かず、1ヶ月あまりで諦めてしまいました。

その後、転職し地元に戻った私は
そこから再度彼氏にダイエットを促され再開。

今度は徹底的に自分に合うダイエット方法をとにかく調べました。

調べたところ、ぽっこりお腹やたるんだおしりは「筋力低下」によるものだということ。
またお腹がでると反り腰になり
骨盤も歪むこと、それが肥満に繋がっていることを知りました。

始めたことは、筋トレ、それから整体に通い始めました。
骨盤を矯正し、筋力をつけることでお腹を凹まそうと考えました。

慣れるまでは辛かったけど、YouTubeの宅トレや食事方法などを参考にまず1ヶ月続けました。

前のダイエットと変えたことは3点あります。
・筋トレはお腹だけでなく全身すること
・ストレッチも行うこと
・朝ごはんをしっかりとること

です。

全身筋トレをすることでより筋肉がつきやすくなり、
筋肉がつくことで代謝が上がり痩せやすくなります。

実際に自分でも分かるくらいお腹がぺちゃんこになり、サイズダウンしました。
体組計に乗るようにもなり、肥満型の体質が筋肉質に変わりました。

モチベーションを保ち続けるのはダイエットにおいてはとても難しいです。
だ私はとにかくストイックに行うのは辞めました。
疲れている時はストレッチのみにしたり、たまには甘いものを食べたりもしています。

また、体重が全てではありません。
肥満体の50キロと筋肉質の50キロは全く見た目が異なります。
これは体脂肪率によるものなのです。

私はダイエット開始から、2キロほどしか減量はしていませんが
体脂肪率を落としただけで、体が締まりました。

まだまだこれからも、地道にダイエットを頑張っていきます。