基礎代謝を上げて健康的な体になりましょう。

あなたは若い頃に比べ、太りやすい体になったと感じていませんか?

私もダイエットをしてもあまり効果が出ず悩んでいました。色々調べていくうちに基礎代謝という言葉を知りました。?せるためにはこの基礎代謝を上げる必要があるのですが、基礎代謝とは何か、上げる方法とは何かをお話ししようと思います。

評判以上!パエンナキュットを二の腕に使った私の口コミを暴露します!

まずは基礎代謝とは何かです。私達は生活や運動など生命維持のために食事をして外から栄養を取り入れています。それを消化、吸収、排泄を繰り返します。この時体内の栄養は新しい細胞になったり、呼吸によって酸素で形を変えたり、熱を発生させたりすることもあります。また、ある成分を分解しエネルギーとして使用したり、場合よって再合成されたりします。この一連の反応を代謝と呼び、代謝を繰り返すことで私達は生きています。エネルギー代謝量は様々な条件によって変動します。筋肉などの組織はエネルギーによって活動し、多動時は大量のエネルギーを使い安静時には少量のエネルギーを使います。他にも食事バランス、生活環境、精神状態など多くの要因によって変動します。この様な条件によって出る影響をすべて排除し、生命維持のみ必要なエネルギー代謝を基礎代謝といいます。例えば安静時椅子に座っているだけでもエネルギー代謝は基礎代謝の10%増しになり、食後なら20%増しになります。

基礎代謝量は10代で最大となり、それ以降は急激に下降していきます。では少しでも緩やかな下降にするためにはどうしたら良いでしょう。基礎代謝を上げたり高く維持したりするには筋肉量とその機能を強化する必要があります。筋肉も活動量が極端に少なくなるとやせ衰えていきます。鍛えるためには筋肉に負荷をかける運動が適しています。筋肉に抵抗動作を繰り返し行う運動を「レジスタント運動」とよび、運動器具を使用する方法と自分の体重(自体重)を使用する方法があります。自体重を使用方法として腕立て伏せやスクワットがあります。また、直角に曲げた肘を前後に大きく振り膝を高く上げ足踏みを100回行う「足踏みトレ」や壁に両手を付いて腕立て伏せをゆっくり行う運動も簡単に行えるレジスタント運動です。注意点として自体重を使用した運動は負荷調整がしにくいので体調管理をしながら無理しない程度に行いましょう。