くせ毛時代から、薄毛時代へ

私は子供の頃から今まで髪に関して苦労して来ました。
生まれた時からくせ毛で、湿気の多い日は髪がクルクルに巻いてしまい、学生の頃は本当に嫌な思いをしていました。
サラサラの直毛がとても羨ましく、中学生の時は毎朝トリートメントをして、しっかりと髪をまっすぐに整えて自宅を出たのを覚えています。

ボタニカルエアカラーフォームの評価!

しかし、少しでも汗をかくとまた元のクルクルのに髪に元どおり。
今思うと、他の人は誰もそんなこと見てもいないし、気にもしていないと思うのですが、当時はすごく気になって一人で嫌な思いをしておりました。

高校生になってから、もう嫌な思いをしたくないので、短髪にして、整髪料でガッチリと固めていました。
一度短髪にしてしまうと、その楽さにもう髪を伸ばす気にもなれず、ずっと短髪。大人になってからもずっと同じ髪型でいました。
過去の写真を見返すとどれも同じ髪型。どれも同じ短髪。

その後、現在では40代に入り、髪もすっかり薄くなり、少しでも伸びるとハゲている感が出てしまい、ずっと丸坊主にしています。

今思えば髪の毛があったときにもっと色んな髪型をして楽しんでおけばよかったと後悔しています。
今から髪型で楽しむことは、もはやできなくなってしまいました。
フワッとした髪型を楽しんだり、カラーを変えてイメチェンしてみたり。
やっておけばよかった。